Daily Lab. -新たなる発見の記録-

What you feel in your daily life is always a new discovery.
日ごろ感じていること。それはいつでも新しい発見。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
favorite
*singer*
ACIDMAN,
ASIAN KUNG-FU GENERATION,
BUMP OF CHICKEN,
GOING UNDER GROUND,
HY,
Jungle Smile,
LOST IN TIME,
NUMBER GIRL,
PE'Z,
POLYSICS,
STRAITENER,
Swinging Popsicle,
Yogurt-Pooh,
くるり,
サンボマスター,
スーパーカー,
フジファブリック,
野狐禅,
and more...
最新のトラックバック
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
吉井和哉の“これまで”と..
from Who's next? th..
はじめまして
from マナブならcocoガイド
奄美郷土料理
from 奄美郷土料理案内
間宮兄弟
from 映画や本を淡々と語る
晴れの日には何をするかぶろぐ
from 晴れの日には何をするかぶろぐ
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
ルービックキューブ 悩ま..
from 頭を鍛えるサイト
Waltz for De..
from ミュージックの紹介ページ
工場案内
from Secret Log
<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
Isolation from noise
今夜もSpangle call Lilli lineのアルバムを聴いてます。

このアルバムは、
クラシックピアノ meets Spangle call Lilli lineというテーマで、
作られた一枚ということで、
全体的にしっとりとした印象ですが、
ピアノのよさとspangleらしさがうまく共存してる。

きれいなピアノの旋律が、
ときに物悲しく聴こえてくるのは、
ひょっとするとピアノそのものが、
孤独な楽器だからかな、と思ったりする。
なんか、ピアノから出てくる音って、
音符ひとつひとつが
「気をつけ」の姿勢で直立してるような、
そんなイメージを、
アルバムのタイトルにしたんやろうなぁ。

2曲目のroam in octaveは、
そんな、ピアノから伸びた一本の軸に、
いろんな楽器や声が絡み合って、
するするっと空まで伸びていってしまいそうな、
文字通り、音階の中を浮遊しているような気分になれる一曲。

「俺なんかいなくても、
きっと一人でやっていけるよ。」
と言われてさみしそうにしているピアノが、
今日もどこかで。
[PR]
by ubiquitous_music | 2008-11-11 02:59 | music
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp


以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
みんなの発見の記録
Roaさん
mariさん
revolvergdsdさん
Keikvo_ovさん
mr_memento_moriさん
youki691さん
kuuchandesuさん
tomytomy704さん
standardlineさん
atsu_comさん
Ypekopokoさん
まきまきま、ままきまきさん
exitexitmusicさん
wander_4さん
royさん
ten2547さん
マサさん
ayaさん
がんばろう
徳田達矢さん
作者名 記載なし
作者名 記載なし
とほほパパさん
Rittor Music