Daily Lab. -新たなる発見の記録-

What you feel in your daily life is always a new discovery.
日ごろ感じていること。それはいつでも新しい発見。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
favorite
*singer*
ACIDMAN,
ASIAN KUNG-FU GENERATION,
BUMP OF CHICKEN,
GOING UNDER GROUND,
HY,
Jungle Smile,
LOST IN TIME,
NUMBER GIRL,
PE'Z,
POLYSICS,
STRAITENER,
Swinging Popsicle,
Yogurt-Pooh,
くるり,
サンボマスター,
スーパーカー,
フジファブリック,
野狐禅,
and more...
最新のトラックバック
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
吉井和哉の“これまで”と..
from Who's next? th..
はじめまして
from マナブならcocoガイド
奄美郷土料理
from 奄美郷土料理案内
間宮兄弟
from 映画や本を淡々と語る
晴れの日には何をするかぶろぐ
from 晴れの日には何をするかぶろぐ
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
ルービックキューブ 悩ま..
from 頭を鍛えるサイト
Waltz for De..
from ミュージックの紹介ページ
工場案内
from Secret Log
<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
平行線

道草 (新潮文庫)

夏目 漱石 / 新潮社




今日で18連勤のうち、6日間が終了。
なんというか、すごく先が長いなぁ。
1月下旬から2月上旬にかけては休暇も取りづらいし、
でもリフレッシュもしておきたいしな~。悩ましい。

そういえば昨日、冷凍庫で缶ビールを冷やしてたら、
扉を開けるときに製氷機に引っかかって、
冷凍庫内にビールをこぼしてしまって、
なぜかそのビールを隠すように飲んだんやけど、
いま思えばそんな焦る必要なかったような。
ちょっと想定外のことが起こると、
すぐてんぱってまうんやな~。もう30歳なのに。

夏目漱石の「道草」を読んだ。
親戚、夫婦、仕事などのしがらみが
主人公の健三の心の中をかき乱すんやけど、
その様子がとてもあっさり描かれていて、
深刻なんだけれども、どこか滑稽で、
いつまでも読めてしまいそうな小説。

それくらい自分の心の中にある論理というのは、
たとえ近しい友人や妻や子であっても
他人から見ると滑稽なものなんだろうな。

同じ物事でも、当然ながらみんな違う面を見ているわけで、
自分の主張を理解してもらうために、正しさをアピールしても、
すでにその論点がずれてしまってるということ。
お互いの考えを共有するためには、
まずお互いの考えの違いを共有するという方が、
分かり合うという感覚に近いのかも。

以下、気になった部分を引用。

p.37
どう考えても交際のは厭でならなかった健三は、
またどうしてもそれを断るのを不義理と認めなければ
済まなかった。彼は厭でも正しい方に従おうと思い極めた。

p.59
「己は決して御前の考えているような冷刻な人間じゃない。
ただ自分の有っている温かい情愛を堰き止めて、
外へ出られないように仕向けるから、仕方なしにそうするのだ。」
(中略)
「あなたは誰も何もしないのに、自分一人で苦しんで
いらっしゃるんだから仕方がない。」

p.106
「何しろ淋しいには違ないんだね。それも彼奴の事だから、
人情で淋しいんじゃない、慾で淋しいんだ。」

p.146
「恐ろしいって誰も云いやしませんわ。
けれども面倒臭いにゃ違いないでしょう、いくら貴夫だって。」
「世の中にはただ面倒臭い位な単純な理由で
已める事の出来ないものが幾何でもあるさ。」

p.184
「離れればいくら親しくってもそれ切になる代りに、
一緒にいさえすれば、たとい敵同士でも
どうにかこうになるものだ。つまりそれが人間なんだろう。」

p.226
彼は狼狽した。けれども洋燈を移して其所を輝すのは、
男子の見るべからざるものを強いて見るような
心持がして気が引けた。(中略)若し強く抑えたり
持ったりすれば、全体が屹度崩れてしまうに違いないと
彼は考えた。彼は恐ろしくなって急にてを引込めた。

p.232
「実際今度は死ぬと思ったんですもの。」
「どういう訳で。」
「訳はないわ、ただ思うのに。」

p.292
「世の中に片付くなんてものは殆んどありゃしない。
一遍起った事は何時までも続くのさ。ただ色々な
形に変るから他にも自分にも解らなくなるだけの事さ」
健三の口調は吐き出すように苦々しかった。細君は
黙って赤ん坊を抱き上げた。
「おお好い子だ好い子だ。御父さまの仰る事は
何だかちっとも分りゃしないわね」

[PR]
by ubiquitous_music | 2011-01-17 00:57 | book
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
玉ねぎ

看護のための人間科学を求めて

ナカニシヤ出版



自己と他者 (1975年)

R.D.レイン / みすず書房



全体性と無限 (上) (岩波文庫)

レヴィナス / 岩波書店



全体性と無限〈下〉 (岩波文庫)

レヴィナス / 岩波書店





昨日、今日と奈良の実家に帰省してきました。
2日間ずいぶんゆっくりできて、
十分羽を伸ばすことができました。
いろいろ家を建てる話とかいろいろ、
両方の両親にも相談することができたので、
それもよかったです。
とりあえず、どんな家を建てたいのかというイメージを
膨らませておくことと、
資金計画ぐらいはしっかり立てて、
貯金を実践していこうと思います。
家を建てるのは、
子供たちが中学校に入るまでくらいを想定しているので、
ゆっくりじっくり腰を据えて考えていこうと思います。

1/8から始まった新番組「Q ~わたしの思考探究~」をみました。
おもしろそうな番組だと思って録画しておいたのですが、
期待通り、おもしろい内容でした。

今回のテーマは「自分とは何か?」
いろいろな社会的な役割を果たしたり、
たくさんの他者との関わりの中で生きていると、
なりたい自分(理想)と現実の自分にギャップを感じたり、
現実の自分と本当の自分との間にギャップを感じたり。
そういう時に、「じゃあ本当の自分って何者?」って考えたときに、
自分の本質的な核のようなものがどこかにあって、
それを探すために、いろいろな役割や関わりをそぎ落としていくと、
自分という本質的な核のような部分なんてなくて、
何者でもない、ただの人間がそこにいました、
なんてことになるんじゃないかという話。

番組の中で、鷲田先生はこれを、
自分というものは「玉ねぎ」のようなものだ、
と言ってはって、なんとなく分かったような気が。

自分の本質なんてものはどこにもない、
という救いのない話ではなくて、
反対にいろいろな役割を担ったり、
さまざまな他者と関わったりしてきたこと、
そのすべてが自分だという考え方で、
言ってみれば「玉ねぎ」の皮だと思ってた部分が、
実は全部玉ねぎの本質でした、ということ。

自分のよりどころを純粋な自己に求めるのではなくて、
他者の他者としての自分に求めていくと、
それまで自分が過ごしてきた人生の中で、
社会との関係の中で担ってきた役割、
関わってきた人たちとの関係性そのものが、
かけがえのない自己というものを肯定してくれて、
そのかけがえのなさが自分の存在理由を説明してくれるわけで。
なんか、自分というものに対する見方が、
がらっと変わったような気がしました。


人間は精神である。精神とは何であるか。精神とは自己である。
自己とは自己自身に関わる一つの関係である。
-- キェルケゴール 『死に至る病』 


いろんなことを考えついたまま書いたので、
全然整理できてませんが、いい刺激になりそうなので、
これからもこの番組を観てみようと思います。

あと、番組の影響だけではないけど、
今月末、仕事の都合がつけば、
中之島哲学コレージュに出席してみよっかな。
それでは、おやすみなさい。

※本のリンクを張ろうとしたら、
 書きかけの投稿内容がぶっ飛んでしまったので、
 かなり切ない思いをしました。。。
[PR]
by ubiquitous_music | 2011-01-10 01:20 | think about
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
あっという間

Riff-rain

school food punishment / スリーディーシステム



amp-reflection

school food punishment / ERJ




There are many matters which are so trivial
that I will soon forget.
To remember some of them,
I've started to keep a diary in my "HOBO-NICHI TECHO,"
and I enjoy it.

あ~、仕事行くのしんどいとか思って
新年初出勤したと思ったら、
あっという間に金曜日になりました。
今日から再び3連休なので、リハビリは十分。

今月からほぼ日手帳も本格的に使い始めて、
しょうもないことを記録したり、
思いついたことを自由に書くなどしています。
ほっといたらそのままこぼれてしまって、
何事もなかったようにすぎていくことがらを、
ちょっとだけでも捕まえていってるような気がして、
なかなか楽しいです。今のところ。

あ、そうそう。
さっき、なぜか無意識に、
樋屋奇応丸のうたを口ずさんでました。
「ひや、ひや、ひやのひや~きお~がん」
なんでこんなん歌ってたんやろ。
で、いつのまにか、
頭の中で、かに道楽のうたがぐるぐる。
もう、自分で自分のことが
よく分からんようになってきた。

話を変えて。
最近、school food punishmentを
ほぼリピートで聴いてます。

Riff-rainのほうは#1:flowがお気に入り。
5拍子から6拍子に変わる変拍子が、
すごく自然で不安定で攻撃的な感じがとても好み。
amp-refrectionのほうは#8:04:59。
うねうねしたベースがずーっと鳴ってて、
このうねうねにやみつきになりそう。
ちょっと気持ちが落ちそうになるんやけど、
絶妙なところでぱっと開けてるような
この展開うまいよなぁ。
[PR]
by ubiquitous_music | 2011-01-07 22:23 | diary
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
美しい生活

かもめ食堂 [DVD]

バップ




Today is the last day of the new year holidays.
I saw movies, read books,
and met my friends in this vacation.
Though this vacation is long enough,
I think there remains something to do.

お正月休みに観た映画のうちの一つ。
フィンランドのヘルシンキで食堂を始めたサチエを演じる
小林聡美さんの演技が映画の中の雰囲気と
よい調和を醸し出していて、また観たくなる映画でした。
特に何が起こるわけでもない美しい生活。
こまごまとした現実で散らかった頭の中が
デフラグされていくような感じで、
いいリフレッシュになりました。

それにしても、今日で年末年始休暇が終了です。
慌ただしかったような、ゆっくり休めたような、
やり残したことがあるような、
ぐだぐだしてしまうだけのような、
長い休みの終わりのこの複雑な感じを
なんて表現すればええんやろ。

漠然とですが、
今年の行動目標を立てたので、
とりあえず宣言してみます。

1.ブログ、3行英語日記を継続する。
  ひと月に10件程度のエントリーを目標にします。
  それくらいは、日々いろいろな発見、成長があることを期待して。
  何事も記録しておくにこしたことはないと思うし・・・。
  あと、なるべく英語日記も併記する。

2.ジョギングを継続する。
  ひと月に10日以上は走る。
  できれば1日に5km以上。
  運動のような自己投資は時間を作るのが難しいですが、
  健康あってこその人生なので。

3.読書を継続する。
  なるべく食わず嫌いをしないで、
  いろいろな本を読んでみる姿勢で、
  ひと月にビジネス書、文学を2冊ずつ以上を目安に。
  読んだら感想をブログに書いていこうと思います。

4.ライフデザインについてじっくり考える。
  もう30歳なので、
  そろそろ家のこととか、子供たちのこととかを含めて、
  主に経済的な計画を立てておこうと思います。
  もろもろの外部環境、内部環境に起因する
  制約条件は出てくるでしょうが、
  あらかじめ想定しておくことで、
  いざという時にあわてなくていいように。
[PR]
by ubiquitous_music | 2011-01-04 18:20 | think about
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
あけましておめでとうございます
A happy new year!
May this year be filled with laughter and happiness.
My wife is in the pre-unlucky year.
But the condition is not so bad.
At least I will be fine before I am transferred from the present office.

あけましておめでとうございます。

今年は2011年ですね。
うさぎ年ですね。
うさぎはしろい、しろいはとうふ
とうふはゆれる、ゆれるはやなぎ・・・

今年は妻が厄年(前厄)に入ったのですが、
とりあえず今のところは、
大きな問題は起こっていません。

暇な時には映画でも見ながら、
読書も継続的にいろいろ欲張って、
人間的に厚みを出すための一年にしたいなと思いますので、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ubiquitous_music | 2011-01-02 22:12 | diary
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp


以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
みんなの発見の記録
Roaさん
mariさん
revolvergdsdさん
Keikvo_ovさん
mr_memento_moriさん
youki691さん
kuuchandesuさん
tomytomy704さん
standardlineさん
atsu_comさん
Ypekopokoさん
まきまきま、ままきまきさん
exitexitmusicさん
wander_4さん
royさん
ten2547さん
マサさん
ayaさん
がんばろう
徳田達矢さん
作者名 記載なし
作者名 記載なし
とほほパパさん
Rittor Music