Daily Lab. -新たなる発見の記録-

What you feel in your daily life is always a new discovery.
日ごろ感じていること。それはいつでも新しい発見。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
favorite
*singer*
ACIDMAN,
ASIAN KUNG-FU GENERATION,
BUMP OF CHICKEN,
GOING UNDER GROUND,
HY,
Jungle Smile,
LOST IN TIME,
NUMBER GIRL,
PE'Z,
POLYSICS,
STRAITENER,
Swinging Popsicle,
Yogurt-Pooh,
くるり,
サンボマスター,
スーパーカー,
フジファブリック,
野狐禅,
and more...
最新のトラックバック
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
吉井和哉の“これまで”と..
from Who's next? th..
はじめまして
from マナブならcocoガイド
奄美郷土料理
from 奄美郷土料理案内
間宮兄弟
from 映画や本を淡々と語る
晴れの日には何をするかぶろぐ
from 晴れの日には何をするかぶろぐ
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
ルービックキューブ 悩ま..
from 頭を鍛えるサイト
Waltz for De..
from ミュージックの紹介ページ
工場案内
from Secret Log
<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
リフレッシュ
ちょうど、今週行こうと思っている哲学カフェのテーマが、
「震災について考えること」だったところに、
今朝の読売新聞の文化欄の記事に、
興味深いものがあったのでメモ。


それは大きな違和感である。しかし不思議なのは、
その違和感が消え失せて震災前の日常に
戻ればよしとは思えないことだ。
それは震災前の社会に私たちが感じていた違和感を
あぶりだすものでもあり、新しい自分、新しい社会への
再生を促しているように思われる。(上田 紀行)


関西圏に住んでいても、
この部分に、とても共感した。
職場や電車の中が快適な温度に
空調されていなかったりするけど、
日常のちょっとした不便さが
気にならなくなっている。
そして、その不便さ自体は
震災と直接はほとんど関係がないのだから、
震災をきっかけにして、
無意識的に自分の中にある
いろいろなものに対する価値観が
リフレッシュされていってるということなんだろうな。

自分の生活や行動そのものから視点を少し離して、
他人の生活との関係性や意味に思いをはせていくことで、
自分が社会の中に位置づけられて、
そのことによって自分と他人がつながっていくような、
心地よい連帯感が生まれていく。
今生まれつつあるこうした心地よい連帯感を基盤とした、
支援の仕組みができるといいんじゃないかな~、
なんてことを漠然と考えた一日。

それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by ubiquitous_music | 2011-05-10 02:00 | diary
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
おとなりさん
ジブリ映画、ピクサー映画をほぼ一周して、
また「となりのトトロ」に戻ってきています。

観れば観るほどおもしろく感じるところが不思議で、
娘と一緒に観てますが、
娘と同じくらい真剣に見入ってしまっていたりします。

夜にトトロたちが庭にやってきて、
傘を持ってダンスすると芽が出てくるところ。
夜が明けて、めいとさつきが
「夢だけど、夢じゃなかった!」って
喜んでるシーンが最近のお気に入り。
ちょうど上の娘がめいと同じくらいの年齢になってきて、
話し方とかもかわいく感じられます。

珍しく父親がフィーチャーされていて、
そういう点でも共感する点がいくつもあります。
私の中では、メイとさつきのお父さんは、
理想の父親像に近いです。
自然との関わりあい方、家族との関わりあい方、
そしてあの落ち着き、いろんな意味で
子どもたちにとってああいう父親に
なってあげられるといいなぁ、とか思っています。

なんて話を妻にしたら、
「まあ、雰囲気的にはいいんじゃない。
 あんな感じやよ。」
て言ってもらって、いい気になったのもつかの間。
「うーん、でもやっぱ無理なんじゃない?
 だって、私が入院したら、子供二人なんて
 面倒見られないでしょ?」
と言われ、返す言葉が出てこない・・・。


「でも、さつきは一人で料理も作れるし、
 うちの子もそうなれば、きっと面倒みれるようになるさ。」
と言おうとしたけど、これを言ってしまったら、
何か後戻りできない立場にたってしまうような雰囲気を感じたので、
すごすごと退散。
理想への道のりはまだまだ長いのでありました。

現実だな、現実って感じだ。
[PR]
by ubiquitous_music | 2011-05-07 22:07 | diary
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
つまらない誓い
10連休を取っておきながら、
こんなことを言うのもなんですが、
休暇も残すところ、あと2日になってしまいました。
やりたいこともできて、のんびりゆっくり過ごせたので、
ずいぶんリフレッシュさせてもらいました。

あと、新しいことも始めてみたので紹介。

ひとつめはちっちゃな家庭菜園(?)。
昨日住宅展示場でミニトマトの苗をもらったので、
それをベランダで育てることにしました。
とりあえずホームセンタで、
少し長めのプランタ、底石、土、肥料、
苗を追加で2つ(ミニトマトとバジル)、スコップを購入。
あったかくて天気が良ければ、
早速苗を植える予定。うまく育つといいなぁ。
収穫期が7~8月ということなので、
引っ越しがあると少し面倒なことになりそうな気もしないではないですが、
そんなことばっかり気にしてたら何も始められんしね。

あとは、最近あまりにもサイズアップが止まらないので、
ダイエットを始めました。
妻と一緒に少しずつ食事を調整しようということになり、
まずは「夜9時以降はなるべく食べない」
という至極当たり前のルールを決めました。
ダイエットというよりは、現状維持に近いですが。
もともと間食の多い僕は、
夜な夜な酒とつまみを探す生活が定着してしまってたので、
こういうルールを決めることも大事・・・、
なんだけど、やっぱりテレビ観てお酒飲みながら、
何も食べないでいるというのは、ちょっとさみしいなぁ。

「まったく・・・、つまらない誓いをたてちまったもんさ。」
[PR]
by ubiquitous_music | 2011-05-07 04:11 | diary
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp
3日がすぎました
こんなにゆっくり休めるのは、
もうこれで最後かなと思いながら、
臨んだゴールデンウィークですが、
なんだかんだ言って別に
取り立てて活動的にすごすわけでもなく、
かと言って、休眠に明け暮れるわけでもなく、
相変わらず中途半端な休暇を過ごしているところです。
休みの間は、夜更かししながら酒が飲めるということもあり、
久しぶりに泡盛(久米島の久米仙)を購入。
ということで、酔っ払っての投稿です。

今日は全く何の予定もなかったので、
そのほとんどを寝て過ごしました。
やっぱりその日一日を有効にすごそうとしたら、
予定を立てるということがいかに重要かということがよく分かります。
でも、予定を立ててしまうとそれに縛られて、
結局、本当にそれがしたくて立てた予定なのか、
それとも単純に時間の空白を埋めるために立てた予定なのか、
自分でもよく分からなくなる時があったり。
予定を立てることもなかなかむずかしいものです。

でも、自分が生きている間は、
少なくとも時間は巡るものだし、
それに意味づけをしておくことで、
その時間を自分のものにしていくことになるのだから、
面倒でも多少は予定を立てて
その時間に意味づけをしておくことで、
自分の人生を多少は色づけることができるとするなら、
それが賢い時間の使い方なのかなと思える。

とりあえず残りの休暇のうち、
決まっている予定はで3日分。
・高槻jazzストリートに出かける。
・会社の後輩の結婚式に出席する。
・実家に帰る
ゆっくり過ごせるGWになるといいなぁ。
[PR]
by ubiquitous_music | 2011-05-02 01:26 | diary
E-mail to ubiquitous_music@excite.co.jp


以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
みんなの発見の記録
Roaさん
mariさん
revolvergdsdさん
Keikvo_ovさん
mr_memento_moriさん
youki691さん
kuuchandesuさん
tomytomy704さん
standardlineさん
atsu_comさん
Ypekopokoさん
まきまきま、ままきまきさん
exitexitmusicさん
wander_4さん
royさん
ten2547さん
マサさん
ayaさん
がんばろう
徳田達矢さん
作者名 記載なし
作者名 記載なし
とほほパパさん
Rittor Music